いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

二ツ箭山の秋
at 2018-11-19 14:49
生存率0.02%?
at 2018-11-16 08:44
深まる秋・底曳網漁の恩恵
at 2018-11-01 09:30
秋田の夜
at 2018-10-29 07:13
青森・秋田の旅2
at 2018-10-15 07:23

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

年度替り間近か・季節の花

171.png 3月も今日を含めて3日となった。半月程前までは厳しい寒気に虐げられて?来たのが嘘のように一気に春を通り越すようなこの暖かさは何なんだろうと思うが、寒いよりはありがたい。
個人的には、昨年急逝した次兄の1周忌を終え一区切りが付いたが、仕事は3月中に決済しなければならない気懸りの双葉郡案件も何とか昨日完了し4月を迎えられてホッとした。
4月から増える新人?と共に、気持ちを立直し仕事に向き合うつもりで一頑張りしなければならないと・・・
b0369813_08043017.jpg
b0369813_08040844.jpg
b0369813_08044810.jpg
174.png この急激な温かさで各地から桜の便りが聞かれる候、我が家の庭にも辛夷が純白の花を着けた。
会社に出掛ける前に庭を一周すると、アケビも紫色の可憐な花弁を膨らませてきたし、ボケも紅い花で厚化粧し存在を誇っているような自然の営みは、毎年忘れずに繰り返されている。
対話は叶わずとも自然界にはある種の敬意を祓わずにはと、原発事故後特に感じている。
これからは山の自然の芽吹きと、花の開花を追っかけて一層山歩きに精を出さないと、思うは我ばかりなのかも。

[PR]
# by ask-js | 2018-03-29 14:24 | 仕事 | Comments(0)

春の気配・見事な盆栽

☆自宅の庭の梅が花を付け始めて5日位になる。今年の厳しい寒さも峠を越えたようで、春が確実に近づいてきたことを実感。
 事務所内にも近くのホームセンターから、ゼラニュームを購入し飾りつけ気分一掃を図る。
 気温の上昇と夜明けの速まりがどんどん加速され、仕事、山そして交友等に精を出す季節に向かって体を鍛えたい。
b0369813_15260259.jpg
★昨日はある被災者の方と、何件かの物件をご案内してきた。
 自宅に送り届けてから盆栽に永年精を出して手入れされた、「作品」を見学。
 庭に並べられた全ての盆栽が素人の、小生が観ても素晴らしいものばかりだった。
 写真に収めて持ち帰り、ブログにupした次第。
 小生はまだ現役続行中で、盆栽まで手を出す余裕も無いまま今に至ってきた。
 仕事を辞めてからもまだ山が残るから、自然に生えているものや庭に直植えした植栽で十分なのだと、自身に言い聞かせお客様
 宅を辞してきた。
b0369813_11484492.jpg
b0369813_11490904.jpg
b0369813_11493454.jpg
b0369813_11495830.jpg
b0369813_11505713.jpg
b0369813_11502187.jpg



[PR]
# by ask-js | 2018-03-07 15:38 | 季節 | Comments(0)

二ツ箭でニホンカモシカ?と遭遇!

113.png 今年に入って2回目の、二ツ箭山トレーニングへ朝8時過ぎから単独で登りだした。
外気温はこれまでの寒さよりはいくらか和らいで、リハビリ山行には有り難い。
衰えた体力を騙し騙し歩き山に入ると、登山道には溶け切らない名残雪が凍り付いていて、慎重に登っていく。
滑り岩を過ぎて急登に差し掛かった時、上部斜面からザザッザという音共に白い物体が斜面を下ってきた。
小沢を挟んだ対岸に何と、ニホンカモシカが自分を観て静止したのだ。
b0369813_15064825.jpg

今迄少なくとも1000回以上登り続けてきた、二ツ箭山で初めての遭遇で浜通りの山域に、ニホンカモシカが現れるとは彼らの生活圏も変わってきたのか?と。やや焦り気味にザックからカメラを取出し、姿を消す前に写真を撮ったが、カモシカはジーッと小生を見つめている。これ幸いと3枚ほど写真に収めたが、興奮していたためかピンボケの代物となってしまった。
b0369813_15074701.jpg
名残惜しく再登行を始めたが、カモシカは小生を見送っていて現場から立ち去らずに暫く様子見した後山中に消えて行った。
山頂で一休みし、後続の人にカモシカを観掛けなかったか聞いても誰も観てないとのこと。
出会いの僥倖に感謝しながら、リハビリ中で退化した足でヨロヨロと駐車場に降りてきた。
毎週1度は通わないと体力の回復には程遠いようだし、今日の様な出会いも実現しないなぁ~と充足感一杯のトレーニングとなった次第。
b0369813_15072240.jpg



[PR]
# by ask-js | 2018-02-05 07:05 | 山歩き | Comments(1)

雪の国宝・白水の阿弥陀堂へ

☆2月に入り特に寒い今冬、毎日の天気予報を観ながら防寒対応に追われている。
天気予報では、いわき地方も雪が降るとのことで今朝4時頃に寝床を抜け出して外を観れば、
弱い雪が舞っていた。庭は薄らと白くなり予報も当たったようで、いつも通り会社へ6時半頃に出勤。
新聞に目を通しているときに,そうだ!ここ何年か雪の阿弥陀堂を撮ってないことに気付く。
自宅に置いてある、大型カメラを家内に届けてもらい他のカメラも抱えて現地へ。
現地には既に数名の写真愛好家の人達が屯し、一仕事終えて談笑している姿も。
早速ポイントを移動しながら写真を撮る。
屋根は白く雪化粧して、辛うじて雪景色の情景写真に収めることができた。
b0369813_10430323.jpg
b0369813_10432900.jpg
b0369813_10434760.jpg
b0369813_10440792.jpg
後1か月過ぎれば、春の気配を自然は忠実に届けてくれる筈。
30分程で現地を後に会社へUターンしてきた。
欲を言えば、もう少し雪が積もればなぁ~と、世間からは疎まれるだろうが、雪深い冬の情景は、いわきでは無理があるのだろう。
今月中旬、山形から福島の高湯温泉へ巡る冬旅に期待を籠めている。


[PR]
# by ask-js | 2018-02-02 11:20 | 季節 | Comments(0)

カフェレストラン開店、山治療のリハビリへ

★今日、郷ヶ丘二町目大通り沿いにオープンするカフェレストラン、「大百笑」の事前セレモニーに招待を受けて、20日(土)夜にお祝いに。
ここは震災前から約30年、「街路」という喫茶店だったが震災後、原発事故でいわきへ避難してきた被災者の方に、弊社で媒介し買って戴いた物件。
避難者のWさんは、大熊町で農業と兼業で建設業も営んでいたが、いわきへ避難し農業を再開して産直農産物の販売と、収穫した材料を使った、カフェレストランを開店したものである。
お披露目には、大熊町長、議長やM参議院議員、Y県議会議長も遅れてお祝いに駆けつけたようだ。
オーナーのWさんは、いわきの平窪地区に農地を買求めて、キューイフルーツやオリーブの木を植え更にはハウス栽培による野菜を収穫し、大百笑で直接販売をする計画。
ドーム型2階建構造の店内には、暖房用薪ストーブが焚かれ柔らかい雰囲気を醸し出している。
一度訪ねてみては如何かとお奨めします。℡0246-38-8917、URL http://dsibysksho.jp です。
b0369813_08464842.jpg
b0369813_08471169.jpg
☆3ケ月前に膝を骨折し治療の為、3カ月ほど山歩きを中断していた。
此の侭完治する迄には体重も増える為、食事制限をしたりしながらの我慢が続いた。
2週間前の朝6時頃、軽い庭仕事中に変形姿勢をした処、ギックッと腰に来てアァ~やってしまったと。
次の日から整形外科や整体院などを歩いたが、加齢のせいもあるのかまだ腰の違和感が取れないでいた。
以前にも同じような状態のとき、山トレーニングへ出掛けて改善されたことを想い出し、昨日何時もの二ツ箭山へ。
3ケ月のブランクは大きく更に、足腰共まともでない中の登行は可成り厳しかったが、長年積んできたキャリアは○○では無かったかなぁ~と、何とか核心部を登り終えそれ以上の無理はしないで下山してきた。車へ戻れば、下汗掻いて何時もの爽快感に今迄のモヤモヤが解消される結果となり、満足して帰宅。
一風呂浴びてノンアルコールで喉を潤し心地よい睡魔に襲われて仮眠した。
明日からはまた頑張る気力がすこしづつ戻って来た感じである。
b0369813_08472501.jpg



[PR]
# by ask-js | 2018-01-22 09:37 | 地域の話題 | Comments(0)