人気ブログランキング |


いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

嬉しい便り
at 2019-06-16 05:15
サクランボの季節
at 2019-06-03 07:34
地元の店歩き
at 2019-05-20 15:56
憂さ晴らしのグルメ旅(2)
at 2019-05-17 09:09
憂さ晴らしのグルメ旅
at 2019-05-16 09:05

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

暮れ模様

☆今年の暮れは表現しずらいくらい、区切りのつかない歳末送りの状況で1年を振り返れば成果の上がらない年だった。
過ぎた日を追い駆けることは不可能なのは全く当たり前のことだが、反省は次の日へのステップアップなのだと・・・自問自答。
総ざらいの新しい年を迎えるのに気持ち新たに、初日の出を求めて二ツ箭山へ単独行を予定している。
見晴らし台には山人達が必ず居る筈で、重い過去の産物を背負って新しい年の初日を拝んできたい。

年毎に新年を迎える感慨が薄れてきた。これもまた老いの進行なのか?はたまた、世情の移ろいなのか定かではないのだが。
この1年間、小生の拙い落書帳に目を通された方々に御礼申し上げ今年の締めとさせて戴く次第です。
                                             御礼

# by ask-js | 2018-12-31 04:36 | 家庭 | Comments(0)

庭掃除と紅葉他

☆日曜日、山をパスして我家の落葉拾いに専念。
落葉樹の多い、我家の庭や側溝は今が一番落葉の溜まる時期になり、原因発生者の首謀者?としては休みの日のみ清掃と片付に追われる義務を負っている。
集めた落葉は、コンポストに入れて堆肥化をしたり、庭の片隅で近所迷惑とならぬよう少量づつ焼却して減容化を図っている。
この作業も7割方収束に近付いてきたが、新しい年を迎えるまでには少しはましな庭にしなければと心掛けている。
落ち葉集めをしながら樹々を見渡すと、カエデの葉が青空をバックに色付いた模様は中々で、錦木やドウダンの葉も真赤に紅葉して綺麗な色付きを写真に。一部の樹々だが今年の紅葉不作を補ってくれるようで、手入れの生き届かない庭に慰められる。
季節は師走に入り、後の残りが少なくなってきて一抹の侘しい気持ちに。
b0369813_06435826.jpg
b0369813_06444777.jpg
b0369813_06442692.jpg
★堆肥の行渡った我が家の庭に、実生から伸びてきた1株のトマトが20個近い実を付けている。
暑さの去った今の時期だから、実は大きくならない儘すこしづつ赤みを増している。
何個か収穫したものを実食すると、実は固く普段のものとは全く別物の野菜だがよく噛んで食べると確りした味がする。
寒波除けにビニール袋ですっぽり覆って、実が大きくなり熟すのを期待しているのだが、こればかりは無理だろうなぁ~と。
b0369813_11313120.jpg
b0369813_11320091.jpg

# by ask-js | 2018-12-03 11:35 | 季節 | Comments(0)

夏井川渓谷の紅葉・泉崎村のラーメン店

★勤労感謝の日、今年最後の紅葉観察の〆として、二ツ箭山トレ後に、夏井川渓谷の目的地に向かった。
今年の紅葉外れ年という先入観を持って、然程の期待を持たずに川前方面へ車を走らせると、江田駅手前あたりからの渓谷沿いは紅葉の色付きが綺麗で、篭場の滝近くに車を停め写真撮りに夢中に。
浪江から避難してきた、Nさんは初めて訪れた現地の鮮やかな紅葉に感動しきりだった。もう少し周辺の道路や駐車場を整備すれば、より多くの観光客が呼び込めるのではと、行政への注文が。いわき市民の小生も全く同感である。
明日は奥様を案内し再訪したいと、満足して帰って行った。
b0369813_08085888.jpg
b0369813_08102252.jpg
b0369813_08104040.jpg
b0369813_07552554.jpg
111.png 25日の日曜日、無性にラーメンを食べたくなり前から那須方面の山歩きの帰りに立ち寄っていた、泉崎村の「木挽き食堂」
へ。この店は手打ちの太い縮れ麺だ。メニュ-から、辛子タンメンを注文。15分位で運ばれてきたタンメンは、スープはにんにく、長ネギなどの具も適度に入り、手打ち麺は歯応えも良くもちもちとした食感で、10年振りの味は変わってなかった。
満足して、阿武隈道~磐越道を走り1時間位で自宅に戻ってきた。
ラーメン類は白河地方のレベルは、いわきと比べると高いというのが小生の独善的見解でもある。
b0369813_08110532.jpg
b0369813_08113530.jpg




# by ask-js | 2018-11-27 08:30 | 季節 | Comments(0)

二ツ箭山の秋

173.png 先週土曜日に3週間ぶりで、二ツ箭山の朝トレに単独で出掛けた。
今年の紅葉の進み具合の下見を含めて、専ら落ちてきた体力回復に危機感を感じてきた現状回復?が主目的。
先月中旬に回った、岩手・秋田路の紅葉は今迄の経験上では色付きの鮮やかさが無く期待を裏切ったが、二ツ箭山も茶色く縮れた葉が殆どだった。時期は少し早めだったが今年の紅葉はアウトのようだ。
今週後半に、夏井川渓谷の紅葉を写真に撮り今年の紅葉見納めとしたい。
b0369813_15562377.jpg
b0369813_15560089.jpg
b0369813_15570980.jpg
b0369813_15565058.jpg
b0369813_15573092.jpg
b0369813_15574666.jpg
☆昨日は庭の片付や庭木の剪定を、勝手流の腕前?で片付と長伸びしたヒバの頭や横に伸びた枝の選定を実施。
西隣の間に溜まった、辛夷の葉の整理片付をしていくらか綺麗になった庭を眺めていると、山の紅葉よりも自宅の庭の彩の方がいいなぁ~と自己満足。普段手入れをしてないのに慣れたせいもあるようで、庭も適度な散髪しないと見映えがしないなぁ~と。
日に日に日没が早くなり、寒さもそろそろと勢力を強めてくるうちに、師走となり2018年も終わりに近づく。時の速さに実感が薄れていくのは、老人の頭の鈍化と相関関係にあるのかも?・・・。
b0369813_15581218.jpg
b0369813_15582991.jpg


# by ask-js | 2018-11-19 14:49 | 季節 | Comments(0)

生存率0.02%?

168.png 2日ほど前に入っていた折り込みチラシを見ていたら、非常に興味深い記事を目にした。
その内容は、企業生存率という語彙の解説だった。創業した企業がどのくらい生き残るかという過去の実績数値で示したものである。
企業の創業後5年で80%が姿を消し、10年で96%の企業が姿を消すと言われているとの由。
直ぐには信じ難いデーターで正直吃驚した。更に、30年生き残る企業は0.02%しかないのだそうである。
弊社は、今年2月で創業30年を超えている。
これらの定義からすると、生存率0.02%の仲間入りをしたことになるのではないか?
後ろを振り返ってみれば、零細事業者の過去には様々な浮沈や家庭と連動した苦労と少しの楽しみも混在した。
企業は継続することに大きな意義があることは以前から言われてきている。
生き残ってきた企業には、後継者、事業の承継、廃業などの選択が否応なく待ち構えている。
自分等も同じ環境下に差し掛かり、そろそろと整理の選択肢を進めていなければならないようだ。



# by ask-js | 2018-11-16 08:44 | 会社 | Comments(0)