いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

二ツ箭山の秋
at 2018-11-19 14:49
生存率0.02%?
at 2018-11-16 08:44
深まる秋・底曳網漁の恩恵
at 2018-11-01 09:30
秋田の夜
at 2018-10-29 07:13
青森・秋田の旅2
at 2018-10-15 07:23

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

酷暑も峠か、思うこと

135.png とてつもなく暑かった8月が過ぎ雨も増えてきて、近づく秋の気配も感じられるようになってきた。
今年の夏は日記も仕事も山も停滞、自粛とやる気の起きない毎日でストレスが溜まり続けてきた。
9月に入り、落ち込んだ気持ちにカツを入れなければと、ブログ更新を始めたものの能力のなく退化してきた頭では何を書いたものかと・・。

☆予定していた本日の山トレは生憎の雨で中止。仕方ないので最近の身近な重大問題に対する私見を書いてお茶濁し。
重大問題とは、
★公聴会の始まった、原発事故から排出されるトリチューム入りの汚染水処理についてである。
専門家の提言によれば掛かる費用の安さから、希釈しての海洋投棄が一番お勧の処理方法とのこと。
国、東電の思惑に沿ったものとしか思えず、その後の風評被害を全く論議してない。
福島県浜通り沿岸の漁業に壊滅的被害を与えた事故から、7年以上かけて取り戻してきた漁業、農業界の労苦を専門家の人達はどれだけ検証したのか?海洋投棄によって更なる風評被害の惹起をどのようにして克服
することができるかの指針と、責任の所在も明確にせずに海洋投棄の方針を打ち出した無責任な説明では問題先送りの、公聴会でしかないと思うのだが。
今もって解決しない、原子力発電所の事故処理に翻弄されている、福島県、全国の人達の立場に立った視点が欠落しているとしか思えない。

☆彡 涼しくなってきたなら、体力回復に向けた山トレ、遠出山行、温泉・グルメなどに精出さなければと思いは募る
怠け者の愚痴なのです。

[PR]
# by ask-js | 2018-09-02 08:28 | 季節 | Comments(0)

秋田路・新玉川温泉

☆古遠部温泉で確り定食?を執り、この日の宿・新玉川温泉へは2時間足らずで着いてしまう為大館経由で
秋田路を徘徊?し、時間調整のドライブ。
先年も訪ねた、大館市の秋田犬保存会館に立寄った。時の犬、秋田犬2匹が土曜日の休館日ながら我々を迎えてくれた。
間もなく2歳の雄、銀は若いせいか愛想良く、フェンス越しに身を乗り出しペロペロと舐めて歓迎してくれた。
b0369813_06550643.jpg
b0369813_06553235.jpg
その後は田沢湖駅前の食堂で、ミニ天丼付き稲庭うどんやミニ天丼付きラーメン他をバラバラに
注文し腹ごなしをしたが、外れはなく旨かった。
駅前広場の片隅には、娘が秋田の学校に通っていた10数年前に食べた、「ババヒラ」の日傘が。
早速懐かしい味を賞味したが、当時の味は忘れていた。
b0369813_06555373.jpg
b0369813_06561320.jpg
b0369813_06563596.jpg
漫ろ歩きで時間調整し、新玉川温泉には3時すこし前に着。小生等は3年ぶり2度目だが、子供達は
初めて。チェックイン後直ぐに大浴場へ向かい、100%、50%源泉,蒸し風呂他の湯を梯子した。
100%の源泉は、pH1.2と強酸性の湯で入ると体の彼方此方が、チリチリとする強烈な温泉。
これらに引き寄せられるようにか、全国から効用を期待して多くの療養者の人達が泊るのは今も
変わらないようだ。
b0369813_06571377.jpg
帰る日の朝も、4時開館と同時に大浴場に向かい一通りの湯網をして、バイキング朝食後帰路に就く。
仙台駅で次男を降ろし、常磐道経由で自宅に帰ってきた。
振り返れば、梅雨の合間の晴天に恵まれ忙しくもあったが日常の溜まった憂さはいくらか取れた旅に
なったようだ。
b0369813_06575686.jpg

[PR]
# by ask-js | 2018-07-06 13:35 | 旅・旅行 | Comments(0)

青森の宿

125.png 6月初旬に計画し予約した、青森県平川市山中の一軒宿、「古遠部温泉」と翌日の、新玉川温泉へ2泊3日の日程で憂さ晴らしの旅へ出掛けてきた。
  次男も企業の決算処理が一段落し、家族4人で午前6時にいわきを発つ。
  宿に直行すると早すぎるため、黒石のつゆやきそば店、蔵よしへ。
  12時過ぎに店へ着くと、団体予約で埋まっていて直ぐの対応は難しいとの由。
  諦めかけて車に戻ると、経営者らしき人が追って来て問われ、いわきから来たというと何とかしますと。
  蔵よしは3年振り2回目だったが、古く立派な店構えで2階を含めると50人以上の座席数と思われるが、予約
  もせずに行った小生等の方が勝手だった。500km以上車を飛ばして来たと知り、旦那様も遣り繰りして戴き感謝。
  座敷に上がり全員が、黒石つゆ焼きそばを注文する。
  15分位で運ばれてきた写真の一品を、昼食として食べたが美味しかった。
b0369813_06532760.jpg
b0369813_06524294.jpg
  今夜の宿、古遠部温泉は食事が素晴らしく昼に食べ過ぎると宿の料理を食べ残こすため軽くしたもの。
  その後時間調整に、弘前へ戻り弘前城を見学し足を慣らして宿へ向かった。
  
b0369813_06535357.jpg
  番犬の黒柴犬、チョコが待つ宿へは午後3時半頃に着き早速風呂へ。この温泉は、鉄分を含む源泉掛け流しで、
  玉川温泉で思うように効果が出ない人達や、近在の日帰り客が結構入浴にきて夜7時まで混み合うようだ。
  男湯は既に4人の先客がいたが、仲間に加わり入浴。
  夕食は午後5時15分からで、陸奥湾の刺身や揚げたての天ぷら、熊の好物の笹竹の皮ごと焼いた逸品などどれも
美味しかったが、写真公表禁止?なためご紹介できないのが残念だ。
  朝食も美味しく、バイキング料理等全く及ばない位充実し食べ過ぎる程で、1泊2食9千円弱とは結構な隠れ宿なのです。
b0369813_06544220.jpg
b0369813_06541715.jpg
  新玉川温泉は日を変えてご紹介させていただく次第。




[PR]
# by ask-js | 2018-07-04 05:06 | 旅・旅行 | Comments(0)

梅雨の時期にホタルブクロ咲く・父の日

175.png 今朝は梅雨の晴れ間をぬって、早朝の4時半頃二ツ箭山トレーニングへ。
自宅を出る際、右方向から2台の車が走ってきて小生の車と危なく接触するところ
だった。よく見れば、代行車と客の車を送る2台だった。
いわゆる朝帰りの人と偶然の遭遇。
気を取り直し登山口の駐車場へ5時半過ぎに着けば、既に先行車両が1台。
稜線手前で先行者に追付き相前後して女体山頂に、7時頃に到着。
休憩の間、世間話などをして一緒に駐車場まで下山。
下りの途中、道脇に咲く、ホタルブクロや白い紫陽花?(別な花かも)を写真撮影。
ホタルブクロは、紫陽花と共に梅雨の季節にマッチングした花だなぁ~と、久し振りに
汗を流した後の爽快感を味わいながら帰宅した。
b0369813_12390681.jpg
b0369813_12393880.jpg
b0369813_12401042.jpg
104.png この日は、父の日だったらしく、山から戻り一風呂浴びて椅子で微睡んでいると宅配便が来た。
 首都圏で暮す、娘からの恒例の贈り物を受け取る。
 お礼のメールを送り、来年からは無しにしようと提案し了承を得る。
 贈り物は、洒落たシャツで間もなく出掛ける予定の、秘湯巡りに着用するつもり。

[PR]
# by ask-js | 2018-06-18 11:39 | 季節 | Comments(0)

梅雨間もなく

176.png 今朝早くに、二ツ箭山にトレーニングへ向かうべく昨夜から準備をしていた。
4時前に外を見れば、なんと小雨がしっかりと降っている。
昔から雨の日の山は敬遠するのが、自分のルールとしているため来週に延期。
その次の週は、週末から青森、秋田への逃避行?計画を予定し宿も予約を入れてある。
仕事からソロソロと離れて生きたい気持ちが勝り始めてきた、後期高齢者である。
十分働いたと勝手に自覚をしているものの、単純な遊びは満足の薄い結果しかないのだと・・・自我流の
理屈である。
北東北の秘湯宿でのガス抜きに期待が高まりつつある、山キチの儚い日常からの逃避行なのだ。

179.png 自宅の庭が一番綺麗な季節が到来。
30株近い露地植えの、サツキが満開となっている。
サツキは雨に弱く、花弁が雨に当たると忽ち腐ったようになってしまう。
左程の手入れもできないままに、花開き終わりまでの1週間位は綺麗さに癒される毎年の出来事。
一言も不満も言わず?人間との付き合いをどう感じているのか・・・多少の身勝手さに気付く恒例の出来事だ。
b0369813_08440204.jpg
b0369813_08433881.jpg
b0369813_08441898.jpg

[PR]
# by ask-js | 2018-06-10 09:07 | 季節 | Comments(0)