人気ブログランキング |


いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

嬉しい便り
at 2019-06-16 05:15
サクランボの季節
at 2019-06-03 07:34
地元の店歩き
at 2019-05-20 15:56
憂さ晴らしのグルメ旅(2)
at 2019-05-17 09:09
憂さ晴らしのグルメ旅
at 2019-05-16 09:05

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

連休のしわ寄せ

131.png 世間は今日から10連休となった。マスコミなどでも騒がれているように、零細事業者の弊社でも・・・。
今月半ばに街中の土地売買が急浮上し、買主様の都合で連休前に決済したいという事案があった。
買主様は首都圏在住の方で、当初は進展が難しいと読んでいた。手紙での遣り取りに制約され、意思疎通が難しい方との先入観もあった。
しかしその方の親族でいわき在住の、○○さんが側面から説得を含めてサポートを戴き、合意と同時に、重説、契約書他の取り纏めに翻弄される日が約1週間。その間、明け方の2時台から4時台まで含めて、3回暁の出勤を余儀なくされた。
完璧を目指して取り纏め作業中に、自分のミスで売買価格の修正やら連休前の大安とも重なり、神経の疲れる取り纏め作業。
仕事はプロ?として完璧が要求されるのはどの世界でも当たり前の事。
25日午前で引渡しが完了してホッと一息つき、午後一番で街中の現場でテナントとの協議に(これ等も連休前に・・・)と組み入れられた仕事なのだが・・。
そして昨日は、小名浜地内の土地引渡しを終えて、連休騒動に振り回されながらの日々に一段落を付けた。

125.png 連休半ばには必死になって探した息抜きに、東北の漫ろ旅に出掛け頭と体のリフレッシュをして明日に備えるつもり。

☆一雨ごとに春が進んでくる。拙宅の庭にも色々な花が咲き出して、落葉樹の芽吹きも始まった。
アケビやムラサキツツジ、ハナズオウ他が庭を彩ってくれる。少々ささくれだっていた気持ちが癒され、更に秘湯の湯に浸かればと・・・頭は完全に傾いているのでありました。
b0369813_07585988.jpg
b0369813_07593663.jpg
b0369813_08000161.jpg


# by ask-js | 2019-04-27 08:25 | 仕事 | Comments(0)

麓の春

171.png今朝6時前に恒例の、二ツ箭山トレーニングに単独で出掛けた。
一番乗りで山へ入ってから、昨日見えられたお客様へ大事な報告を忘れていたことに気付いた。
今日は20年以上近く前に山で転落し肩を痛めた古傷跡が痛み出し、気が乗らないトレーニングの為仕事優先と決めて?山は途中で早退として会社へ戻った。
戻る途中の麓の道沿いに、何年か前からこの季節に咲きだす、桃他の木が植えられている屋敷がある。
通りがかると今年も綺麗に咲きだしていた。路肩に車を止めて早速写真に収める。
毎年、この場所をマークしながら紅白の鮮やかな花に気持ちが洗われる。登山口の入り口沿いの道にも
b0369813_09313880.jpg
b0369813_09310590.jpg
水仙が咲きだし、間もなく春爛漫の季節にまっしぐらと、鶯の鳴き声も本格的な音調となってきた。
自宅へ戻ると、斜め前のSさんから声が掛かり3日前に、二ツ箭山の男体山から68歳の女性が転落死したとの
情報が・・・。その場所は難しい岩場なのに知らないで迷い込んだのか?旦那さんと一緒だったらしい。
b0369813_09322306.jpg
b0369813_09325170.jpg
二ツ箭山には何か所か危険なところがあるので、それらの場所はより慎重に行動されることが大事。
痛ましい事故が10年前辺りから発生しているのは、初心者や未経験の登山者がかなり増加している
裏返しなのかもしれない。


# by ask-js | 2019-04-14 09:59 | 季節 | Comments(0)

気がそぞろな日々

131.pngいわき地方も何となく、桜が咲きだした感があるが今一つ盛り上がりに欠けるように思うのは、自分一人なのか?と・・・。
2月後半の夜8時過ぎに飲食店を一旦先に出て戻る筈の、カオルシェフと何度も連絡しても電話が繋がらなくなってしまった。
細々と続く仕事の関係もあり左程気に留めなく日が過ぎていった。
3月中旬に、彼と一緒だった店へ行くと街中で倒れ救急車で病院に搬送されたとの情報。
吃驚し愕然とした気持ちの落ち込と、彼に面会することや伝える事も出来ない儘時間が経過していく。
娘さんへの何度かの電話の後で繋がり、詳細を聞くと未だに意識が戻らないとのこと。
音信不通となったあの夜は、彼は路上で意識を失っていたとひと月近く経って知った事実。
さくらも満開を過ぎる今の時期に、病院のベットで意識も回復しないで臥している姿を想うと、世の無常をひしひしと感じ満開の桜を観ても彼のことに気持ちが奪われる。
何とか回復して会話ができるようにと祈るしかない。

☆小川の、諏訪神社に2年振りで写真を撮りに行ってきた。間もなく散り始める前の満開を写真に収めた。
彼に見せてやりたいと、思うは我ばかりなのか?虚無感が漂う日が続いている。
b0369813_14301575.jpg
b0369813_14322778.jpg
b0369813_14304266.jpg
b0369813_14311613.jpg

# by ask-js | 2019-04-09 14:52 | 交遊 | Comments(0)

早春の夜街

126.png 昨夜は以前からお世話になっている、K社長と覚えたての店?で飲食した。
2回連続で顔合わせした、同級生は前日に来たということでヤヤほっとした感が。
6時定刻から軽ぅ~くスタートしていると、隣席に女将さんと馴染みの女性客が来訪。なんとなく座が盛り上がり
聞けば、少し日の過ぎた誕生祝いを兼ねていたとのこと。
女将さん手造りの、バースデーケーキがプレゼントされ彼女のお祝いに同伴することになった。
b0369813_08374162.jpg
手造りの家庭料理を含めて何ともレパートリーの広さに感心しながら便乗し、安ぅ~い勘定を済ませて定刻の9時に寄り道す
ることなくタクシー乗り場へ。
40年前位から決めている、J社の車を拾いに外へ出ると夜景に映えるラトブの建物がひときわ際立っていて、写真に収め帰宅した。後2週間もすると桜のシーズン到来と予測され、外酒も少しセーブが必要だと反省しながら眠りに落ちた。
b0369813_08375943.jpg



# by ask-js | 2019-03-14 09:24 | | Comments(0)

春到来の兆候

174.png 今月10日に雪が降り暫くぶりに、国宝・白水阿弥陀堂の雪景色撮影に所々凍結した道を走り現地へ。
大小2台のカメラを持参し、朝日の射す光景を狙ったが曇天で叶わず消化不良の儘自宅に戻ってきた。
撮影画像をPCへ保存すべく作業中に、大型カメラの画像を消してしまい再撮り直しもおっくうになり断念。
もう少し積雪が多ければ、冬景色らしい風景が取れたのになぁ~と、自然の神?に愚痴を言いそうになる。
b0369813_09041630.jpg
b0369813_09031575.jpg
☆1週間ほど前から、自宅の庭の梅が花を着け始まった。
昨年暮れに10年以上前から作っている、自家製コンポスト堆肥を根元に施した成果か、今年の花付が多いように観られ、梅の収穫も期待できそうだと、採らぬ・・・の皮算用に期待しているが、毎年早春の花に癒される繰り返しで、梅の開花は春到来の目安としているが、此の季節感もボケないまでの間なんだなぁ~と、少しは自覚できる予備軍なのだと・・・。
b0369813_09024931.jpg
b0369813_09032703.jpg
b0369813_09021282.jpg
★昨年暮れから新年に入った1月までは、忘年会、新年会の酒席が少なかった。
これらは仕事の成果に比例するのかなぁ~と自己診断。
明日から3月になるこの時期へ来て、銀行の新年会、友人との憂さ晴らしそして明日はハウスメーカーの新年会?と続きだした。これは直接成果に繋がるものでは無い所謂、お付合いで顔忘れ(小生等の認知症)症状が進まないようにする予防策。
そんな中で、新しく紹介を受けた居酒屋へ2度足を運んだ。
飲み代は破格の安さで、女将さん(小生等よりはずぅっと若い)の手料理も、家庭の味に近いツマミも美味しい店だ。
残念ながら席に限りがあり、店名等の詳細は公表できない決まり?
その店で2回とも高校時代の同級生で、教職退職者のS君と同じく校長退職者のIさんの別メンバーと遭遇することになった。
小さな特色ある店だから、これから先何度顔合わせが続くのか、互いに限られた時間の中でしかないのかもしれない。

# by ask-js | 2019-02-28 07:04 | 季節 | Comments(0)