いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

二ツ箭山の秋
at 2018-11-19 14:49
生存率0.02%?
at 2018-11-16 08:44
深まる秋・底曳網漁の恩恵
at 2018-11-01 09:30
秋田の夜
at 2018-10-29 07:13
青森・秋田の旅2
at 2018-10-15 07:23

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

秋田路・新玉川温泉

☆古遠部温泉で確り定食?を執り、この日の宿・新玉川温泉へは2時間足らずで着いてしまう為大館経由で
秋田路を徘徊?し、時間調整のドライブ。
先年も訪ねた、大館市の秋田犬保存会館に立寄った。時の犬、秋田犬2匹が土曜日の休館日ながら我々を迎えてくれた。
間もなく2歳の雄、銀は若いせいか愛想良く、フェンス越しに身を乗り出しペロペロと舐めて歓迎してくれた。
b0369813_06550643.jpg
b0369813_06553235.jpg
その後は田沢湖駅前の食堂で、ミニ天丼付き稲庭うどんやミニ天丼付きラーメン他をバラバラに
注文し腹ごなしをしたが、外れはなく旨かった。
駅前広場の片隅には、娘が秋田の学校に通っていた10数年前に食べた、「ババヒラ」の日傘が。
早速懐かしい味を賞味したが、当時の味は忘れていた。
b0369813_06555373.jpg
b0369813_06561320.jpg
b0369813_06563596.jpg
漫ろ歩きで時間調整し、新玉川温泉には3時すこし前に着。小生等は3年ぶり2度目だが、子供達は
初めて。チェックイン後直ぐに大浴場へ向かい、100%、50%源泉,蒸し風呂他の湯を梯子した。
100%の源泉は、pH1.2と強酸性の湯で入ると体の彼方此方が、チリチリとする強烈な温泉。
これらに引き寄せられるようにか、全国から効用を期待して多くの療養者の人達が泊るのは今も
変わらないようだ。
b0369813_06571377.jpg
帰る日の朝も、4時開館と同時に大浴場に向かい一通りの湯網をして、バイキング朝食後帰路に就く。
仙台駅で次男を降ろし、常磐道経由で自宅に帰ってきた。
振り返れば、梅雨の合間の晴天に恵まれ忙しくもあったが日常の溜まった憂さはいくらか取れた旅に
なったようだ。
b0369813_06575686.jpg

[PR]
by ask-js | 2018-07-06 13:35 | 旅・旅行 | Comments(0)

青森の宿

125.png 6月初旬に計画し予約した、青森県平川市山中の一軒宿、「古遠部温泉」と翌日の、新玉川温泉へ2泊3日の日程で憂さ晴らしの旅へ出掛けてきた。
  次男も企業の決算処理が一段落し、家族4人で午前6時にいわきを発つ。
  宿に直行すると早すぎるため、黒石のつゆやきそば店、蔵よしへ。
  12時過ぎに店へ着くと、団体予約で埋まっていて直ぐの対応は難しいとの由。
  諦めかけて車に戻ると、経営者らしき人が追って来て問われ、いわきから来たというと何とかしますと。
  蔵よしは3年振り2回目だったが、古く立派な店構えで2階を含めると50人以上の座席数と思われるが、予約
  もせずに行った小生等の方が勝手だった。500km以上車を飛ばして来たと知り、旦那様も遣り繰りして戴き感謝。
  座敷に上がり全員が、黒石つゆ焼きそばを注文する。
  15分位で運ばれてきた写真の一品を、昼食として食べたが美味しかった。
b0369813_06532760.jpg
b0369813_06524294.jpg
  今夜の宿、古遠部温泉は食事が素晴らしく昼に食べ過ぎると宿の料理を食べ残こすため軽くしたもの。
  その後時間調整に、弘前へ戻り弘前城を見学し足を慣らして宿へ向かった。
  
b0369813_06535357.jpg
  番犬の黒柴犬、チョコが待つ宿へは午後3時半頃に着き早速風呂へ。この温泉は、鉄分を含む源泉掛け流しで、
  玉川温泉で思うように効果が出ない人達や、近在の日帰り客が結構入浴にきて夜7時まで混み合うようだ。
  男湯は既に4人の先客がいたが、仲間に加わり入浴。
  夕食は午後5時15分からで、陸奥湾の刺身や揚げたての天ぷら、熊の好物の笹竹の皮ごと焼いた逸品などどれも
美味しかったが、写真公表禁止?なためご紹介できないのが残念だ。
  朝食も美味しく、バイキング料理等全く及ばない位充実し食べ過ぎる程で、1泊2食9千円弱とは結構な隠れ宿なのです。
b0369813_06544220.jpg
b0369813_06541715.jpg
  新玉川温泉は日を変えてご紹介させていただく次第。




[PR]
by ask-js | 2018-07-04 05:06 | 旅・旅行 | Comments(0)