いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

二ツ箭山の秋
at 2018-11-19 14:49
生存率0.02%?
at 2018-11-16 08:44
深まる秋・底曳網漁の恩恵
at 2018-11-01 09:30
秋田の夜
at 2018-10-29 07:13
青森・秋田の旅2
at 2018-10-15 07:23

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

原発・震災バブル?の崩壊か

153.png原発事故から6年半が経過した。
小生等の不動産業界も、一過性の歴史に幕が下りる気配が彼方此方で観察される。
特に顕著な現象は、借り上げ住宅打ち切りを迎えて貸家、アパートの空室が極端に増えている。
先日会社に見えられた賃貸事業地元大手の、Wさんは月額約150万円の減収となったと嘆いていた。
懸命に入居者募集を掛けても、直ぐに入居率の改善には結びつかない。
いわき市内全般に言える現象のようで、適切な改善策は見当たらない。
賃貸市場暴落の考えられる要因は、
1.双葉郡からの避難者用の、借り上げ住宅の終了間近なこと。
2.避難者用の、災害公営住宅の完成と共に借り上げ住宅から移住する人達の増加。
3.いまだに続いている、新築アパートの供給過多現象。
これらが重なり、元々限られていた需要に供給オーバーな、借手市場に陥る悪循環現象がいわき市内の不動産市場に蔓延してきたと推定される。
いまよく観掛ける建築中の物件は、果たして計画通りに埋まるのか?相続対策という聞こえの良い言葉が先行し、投資の回収は何時まで掛るのか?第三者の目からは恐怖でしかないのだが・・・。

☆また、土地・建物等の売買も、需要が落ち込みだし震災前の市場に戻りつつある兆候が観られ、これからの業界が様変わりする状況が伺えるようだ。
商売は良い時も、悪い時もあるのだが高望みは禁物だという市場の教訓ではないかとも思う。
原点に返って頑張らなければ!

[PR]
by ask-js | 2017-10-25 15:52 | 仕事 | Comments(0)

小名浜での食事会・アケビ収穫

127.png先月30日の土曜日、小名浜のH社長が小生等業界の仲間と食事会を設定して戴いた。
最初の食事処は、鮨処なが瀬という鹿島街道沿いにある店。
小生も、もう一人のカオルシェフも初めてである。店構えは、在来日本建築の建物で鮨、和食の店舗そのものの趣。
突き出しは、手造りイカの塩辛で控え目の塩味でかなりの逸品。次に、鰹、平目の刺身と鯵の叩き、銀鱈の焼き物が続き何れも美味しい酒のツマミ。
b0369813_06474180.jpg
b0369813_06481970.jpg
b0369813_06480201.jpg
b0369813_06484157.jpg
そして最後には、鰻のかば焼きハーフが出された。箸を付ければ濃厚で贅沢な味が口中で蕩けるよう。
何時の日にか、鰻重を食べに又来なければならないと虜になりそう。
b0369813_06490229.jpg
食事の後は、H社長馴染みのスナックで、カオルシェフと、H社長の迫力満点の歌声を聞き大満足して、10時台に帰宅した。

☆我が家の庭のアケビが2個口を開けていた。
全部で10個近く実を付けたのだが、食べられそうなのはこれだけで鳥に突かれない前に収穫。
飛切り美味い秋の味覚でもないが、自宅で獲れる、百目柿、梅、杏子と共に貴重な自家製品であり神棚に供えた。
来年あたりから、オリーブの木に実が付くのを楽しみにしている。しかし、オリーブ油の造り方は未だ教わっていないのだが・・・。
b0369813_06494533.jpg



[PR]
by ask-js | 2017-10-02 15:54 | グルメ | Comments(0)

初秋の二ツ箭トレ・鮒寿司を食す

129.png今朝は3週間ぶりの、二ツ箭トレに出かけた。
日の出は確実に遅くなり、朝5時半過ぎないと歩き出しには薄暗い。
1番乗りで山に入ったが、最近のトレーニング間隔が空いた為タイムは諦めて体のなすが儘に黙々と登高。
下汗も滲みだし儘ならぬ体力低下もあって、今までの様にはいかずに通常タイムを20分以上遅れて山頂に辿り着いた。
冷水で体内温度を冷まして、少しの休憩で山を降りてきた。
途中の道脇に昨、ガクアジサイや白い小さな花を付けた被写体をカメラに収めて、下着まで取り換えれば気分爽快となり
秋山遠征に向けた体力の補強に、足蹴敷トレーニングに努めようと心を入れ変えて帰宅した。
b0369813_15125800.jpg
b0369813_15132156.jpg
★だいぶ前の高校時代のクラス会に、滋賀県から参加してきた、S君に鮒ずしを土産に頂いた。
名前は聞いていたものの食べたことはなく、冷凍庫に仕舞い込み食卓に上がらなかった。
この前戴き物に気付き、家内と恐る恐る開封。この物も今では貴重品らしく、通の間では人気のあるツマミらしい。
小生も極端なゲテモノは苦手ながら、好奇心旺盛の山キチゆえ少しばかり気を引き締めて食べた。
塩味が強く、正しく発酵・保存食品そのもので味は悪くないが、食べなれないツマミ故細々と晩酌(1日置き)で消化している処だ。
b0369813_15153223.jpg
b0369813_15155890.jpg

[PR]
by ask-js | 2017-10-02 13:34 | 山歩き | Comments(0)