いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

二ツ箭山の秋
at 2018-11-19 14:49
生存率0.02%?
at 2018-11-16 08:44
深まる秋・底曳網漁の恩恵
at 2018-11-01 09:30
秋田の夜
at 2018-10-29 07:13
青森・秋田の旅2
at 2018-10-15 07:23

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

腰痛を治しに二ツ箭山へ

042.gif3週間前に自宅の庭の片付作業中に、木の根っこを引き抜く際に嫌な予感がした。次の日の朝起きると、ぎっくり腰の再発で不自然な歩行を強いられることに。その日以降医者に行くのもせずに自然治癒を目指していた。
先週土曜日、ゴミコンポストを移動する為庭の別な場所に穴を掘ったり、今までのコンポスト取り外しなどの庭仕事を腰を気にしながら作業を終えた。作業後の腰の具合を自己診断すると、ぎっくり腰症状に少々の改善が感じられた。
それならばと、昨日3週間空いた二ツ箭山トレーニングへ朝6時半ごろ自宅を出て、7時半前に登山口の駐車場から歩き出した。
既に数台の先行車輌があり、可成り冷え込んだ中でも結構な登山者が入っているようだ。

だましだまし山道を登りながら腰の具合を見定めながらの登行も、汗も滲みだし途中で防寒着を脱ぎ只管山頂を目指す。
普段より10分近く超過したものの、8時半過ぎに女体山頂着。腰は殆ど異状なく重苦しい痛みは感じられず、汗の引かないうちにと山を降りてきた。下りは、ひざや腰に登りよりはるかに負担が掛るので、駐車場まで歩いた結果が総合判断になるなぁ~と、トレーニング不足の足をふら付かせながら10時前に下山。
今迄の腰痛はどっかに飛んで行ってしまった。どうも運動不足で体重も増えて、腰痛に更なる負担を掛けていた悪循環なのかと、俄か医者が診断した次第。
今朝も腰痛はなく、それでも年を考えながら○○の冷水などと言われない様それなりに過ごして行かなければならないのかも。

[PR]
by ask-js | 2016-12-26 07:35 | 山歩き | Comments(0)

里のカフェへ

063.gif10年前位から交遊のある、平田村の野澤製麵さんから紹介頂いた、石川町の農村食堂、「里のカフェ」へ昨日朝食抜きで訪門。
自宅から磐越道~阿武隈道経由で約1時間弱。ナビは電話でなく住所入力でと、野沢さんからのアドバイスがあり問題なく、開店前の10時半頃1番乗りで着いた。
b0369813_06393744.jpg
b0369813_06415863.jpg
開店前に店内へ案内を受け、コーヒーでのおもてなしを受け11時にメニューを見て注文。
休日限定の、けんちんうどんと、ハンバーグ、ピザ、洋ナシのケーキなどを注文。
b0369813_07274584.jpg
その間、店内のテーブルにある、ランチ注文者限定の自由に食べられる料理が10品前後並んでいて、注文の品が出てくる前に試食。
この雰囲気は、田舎町の農村食堂と命名した通りで暖房は、薪ストーブが赤々と燃え盛り何十年か前に遡った感じで落ち着く。
b0369813_07281902.jpg
b0369813_06405348.jpg
注文した、けんちんうどんが運ばれてきた。うどんは、野沢さんとこの細手打ち麺でけんちん汁となかなかのマッチングで美味かった。
一見量が少ないように観られるが、底深く結構ボリュームがある。生地に特製の粉を使った、ピザはあっさりとした中にしっかり旨さが籠っていて、普段出されるピザとは違う美味さが。
b0369813_06411318.jpg
更に、洋ナシのデザート@400円も確りした一品で恐らく街中では@600円以上は執られるなぁ~とこれも美味しい。
b0369813_06413517.jpg
コーヒー付きで、一人約1200円位で腹一杯になり、店お奨めのリンゴ園に立寄り5kほどを仕入れて帰ってきた。
店の所在は、〒963-7822 石川町字梁瀬455-3 ☎0247-57-6909で毎週水曜日が定休日のようです。
b0369813_06422508.jpg


[PR]
by ask-js | 2016-12-24 07:25 | グルメ | Comments(0)

刺身盛り合わせを戴く

011.gif昨日の夕方、60年近く前からお世話になったお客様の娘さんから、事務所に豪華な差入れを戴いた。
Mドクターの帰りを見送って直ちに帰宅。戴き物を開けると何とも豪華な刺身、10点位の盛り合わせの品で冷蔵庫の下に大事に保存していた、飛露喜無濾過生原酒の古酒?を取り出して滅多にない豪華な晩酌へ。鮪、鰹、アワビ、ハマチ、海老、ホッキほか4点ほどが盛り合わさった刺身は何れも新鮮で美味かった。
紺屋町の、「丸仙魚店」さんからの戴き物で、2人で持て余す量だったが残さず食べて刺身での満腹はあまり経験ない出来事。
久し振りの、飛露喜も何年か前に仕入れて封切されていたため、味の変化は多少あったものの魚介類とのベストマッチだった。
b0369813_06414052.jpg
新年明けに書店に並ぶ予定の、○○日記を贈呈したお返しには余りある戴き物で、丁度1日おきの休肝日明けで至福の晩酌となった次第。
陽子さんありがとうございました。
b0369813_06410932.jpg

[PR]
by ask-js | 2016-12-21 07:03 | グルメ | Comments(0)

年の瀬が近づいて

今年の残り日は今日を入れて13日。仕事の取り残しは今日午前の1件を入れて3件。
何れも我々の業界と切っても切れない関係の、土地家屋調査士に委ねられた、境界確定と分筆登記の未了によるため。
犯人扱いをするのではないが、彼の業界も大震災後の復旧に国からの半強制的?な作業に追いまくられ、他方にかなりの影響が出ている。

小生の方も年末年始をゆっくり過ごすため、仕事やお付合いの雑事を早めに仕掛けたため、残された2件は気懸りでならない滞貨である。
忘年会も3件控えているが、こちらは何としても処理する必要はないので、新年会に切替えは可能だ。
今年も公私ともに熱い1年だった気がするが、新しい年はどんな展開が待っているのか?神のみぞ知る世界。
1歳加齢が進むのは間違いないし、背後からはボケも忍び寄ってくる高齢者の宿命でもあるようだ。

[PR]
by ask-js | 2016-12-19 07:40 | 仕事 | Comments(0)

ひらた麺を調達へ

011.gif毎年、歳暮と中元の時期になると、平田村にある、野沢精米製麺所に美味いひらた麺を買求めに出掛ける。
この麺(うどん)は、塩と水だけで練り上げ自然乾燥で仕上げた物で、茹で上げて冷水で占めると確りした歯ごたえと小麦のかほりが漂う美味いうどんだとお客様からも喜ばれている。妥協を嫌う主人は、天候の安定したときに打って天日乾燥で仕上げるため、雨の続く場合は完成品が揃わない程頑なである。
6日朝早く家を出て時間調整をしながら、7時半前に店へ着き注文品を受け取った。
孫の登校などで朝の忙しいのに関わらず、コーヒーを進められ居間に案内された。部屋へ入るとすぐに薪ストーブの存在に気付く。
b0369813_15040333.jpg
b0369813_15042217.jpg
我家でも30数年前に新築した居間に同じように薪ストーブを設置していたこともあり、懐かしさとゆとりの寛ぎを感じさせる贅沢な雰囲気。
朝一番のコーヒーを美味しく戴き、更に平田村産のリンゴと柿を土産に頂いて慌しく会社へ戻ってきた。

昼に戴き物を食べたら、リンゴもなかなかの味でこれは詳しく調査しないとならないと頭にインプット。
年の瀬の押し詰まらないうちに、お客様へお届けしようと走り回っている。
b0369813_15075358.jpg
b0369813_15081175.jpg

[PR]
by ask-js | 2016-12-09 07:30 | グルメ | Comments(0)