いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

庭掃除と紅葉他
at 2018-12-03 11:35
夏井川渓谷の紅葉・泉崎村のラ..
at 2018-11-27 08:30
二ツ箭山の秋
at 2018-11-19 14:49
生存率0.02%?
at 2018-11-16 08:44
深まる秋・底曳網漁の恩恵
at 2018-11-01 09:30

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

カテゴリ:季節( 18 )

庭掃除と紅葉他

☆日曜日、山をパスして我家の落葉拾いに専念。
落葉樹の多い、我家の庭や側溝は今が一番落葉の溜まる時期になり、原因発生者の首謀者?としては休みの日のみ清掃と片付に追われる義務を負っている。
集めた落葉は、コンポストに入れて堆肥化をしたり、庭の片隅で近所迷惑とならぬよう少量づつ焼却して減容化を図っている。
この作業も7割方収束に近付いてきたが、新しい年を迎えるまでには少しはましな庭にしなければと心掛けている。
落ち葉集めをしながら樹々を見渡すと、カエデの葉が青空をバックに色付いた模様は中々で、錦木やドウダンの葉も真赤に紅葉して綺麗な色付きを写真に。一部の樹々だが今年の紅葉不作を補ってくれるようで、手入れの生き届かない庭に慰められる。
季節は師走に入り、後の残りが少なくなってきて一抹の侘しい気持ちに。
b0369813_06435826.jpg
b0369813_06444777.jpg
b0369813_06442692.jpg
★堆肥の行渡った我が家の庭に、実生から伸びてきた1株のトマトが20個近い実を付けている。
暑さの去った今の時期だから、実は大きくならない儘すこしづつ赤みを増している。
何個か収穫したものを実食すると、実は固く普段のものとは全く別物の野菜だがよく噛んで食べると確りした味がする。
寒波除けにビニール袋ですっぽり覆って、実が大きくなり熟すのを期待しているのだが、こればかりは無理だろうなぁ~と。
b0369813_11313120.jpg
b0369813_11320091.jpg

[PR]
by ask-js | 2018-12-03 11:35 | 季節 | Comments(0)

夏井川渓谷の紅葉・泉崎村のラーメン店

★勤労感謝の日、今年最後の紅葉観察の〆として、二ツ箭山トレ後に、夏井川渓谷の目的地に向かった。
今年の紅葉外れ年という先入観を持って、然程の期待を持たずに川前方面へ車を走らせると、江田駅手前あたりからの渓谷沿いは紅葉の色付きが綺麗で、篭場の滝近くに車を停め写真撮りに夢中に。
浪江から避難してきた、Nさんは初めて訪れた現地の鮮やかな紅葉に感動しきりだった。もう少し周辺の道路や駐車場を整備すれば、より多くの観光客が呼び込めるのではと、行政への注文が。いわき市民の小生も全く同感である。
明日は奥様を案内し再訪したいと、満足して帰って行った。
b0369813_08085888.jpg
b0369813_08102252.jpg
b0369813_08104040.jpg
b0369813_07552554.jpg
111.png 25日の日曜日、無性にラーメンを食べたくなり前から那須方面の山歩きの帰りに立ち寄っていた、泉崎村の「木挽き食堂」
へ。この店は手打ちの太い縮れ麺だ。メニュ-から、辛子タンメンを注文。15分位で運ばれてきたタンメンは、スープはにんにく、長ネギなどの具も適度に入り、手打ち麺は歯応えも良くもちもちとした食感で、10年振りの味は変わってなかった。
満足して、阿武隈道~磐越道を走り1時間位で自宅に戻ってきた。
ラーメン類は白河地方のレベルは、いわきと比べると高いというのが小生の独善的見解でもある。
b0369813_08110532.jpg
b0369813_08113530.jpg




[PR]
by ask-js | 2018-11-27 08:30 | 季節 | Comments(0)

二ツ箭山の秋

173.png 先週土曜日に3週間ぶりで、二ツ箭山の朝トレに単独で出掛けた。
今年の紅葉の進み具合の下見を含めて、専ら落ちてきた体力回復に危機感を感じてきた現状回復?が主目的。
先月中旬に回った、岩手・秋田路の紅葉は今迄の経験上では色付きの鮮やかさが無く期待を裏切ったが、二ツ箭山も茶色く縮れた葉が殆どだった。時期は少し早めだったが今年の紅葉はアウトのようだ。
今週後半に、夏井川渓谷の紅葉を写真に撮り今年の紅葉見納めとしたい。
b0369813_15562377.jpg
b0369813_15560089.jpg
b0369813_15570980.jpg
b0369813_15565058.jpg
b0369813_15573092.jpg
b0369813_15574666.jpg
☆昨日は庭の片付や庭木の剪定を、勝手流の腕前?で片付と長伸びしたヒバの頭や横に伸びた枝の選定を実施。
西隣の間に溜まった、辛夷の葉の整理片付をしていくらか綺麗になった庭を眺めていると、山の紅葉よりも自宅の庭の彩の方がいいなぁ~と自己満足。普段手入れをしてないのに慣れたせいもあるようで、庭も適度な散髪しないと見映えがしないなぁ~と。
日に日に日没が早くなり、寒さもそろそろと勢力を強めてくるうちに、師走となり2018年も終わりに近づく。時の速さに実感が薄れていくのは、老人の頭の鈍化と相関関係にあるのかも?・・・。
b0369813_15581218.jpg
b0369813_15582991.jpg


[PR]
by ask-js | 2018-11-19 14:49 | 季節 | Comments(0)

深まる秋・底曳網漁の恩恵

111.png 秋の深まりが進んできた。庭には2度咲の、クロッカス、やたらに増えた、ツワブキが黄色い花を咲かしている。
酷暑だったあの夏から心は物想う季節に入り、紅葉の旅に惹かれる候。草花は暑い夏にも文句も言わず、時々の異常気象に惑わせながらも花を開く様には自分ももっと見習わなければと。
b0369813_13212669.jpg
b0369813_13214600.jpg
☆季節が変わり沿岸の底引き網漁が再開し、水揚げの魚種も増えたとの情報を得て、仕事仲間の人達と、北茨城の地魚食堂に食事に出かけてきた。
11時半開店の30分近く前に店へ着き時間待ちし、開店と同時に入店。この日は平日の為、週末や祭日と比べて他の客は少なかったが昼時間には7割方席は埋まっていた。
他の2人は、刺身定食を自分は前にも食べた、海鮮丼を注文。
夏場と比べて魚も増えて、仲間の一人は船盛の刺身を残す程ボリューム一杯。
これから寒くなるにつれて乗る魚も増えるはずで、ドライブがてらに又来ようと満足して職場へ復帰した。
b0369813_13220954.jpg
b0369813_13223172.jpg

[PR]
by ask-js | 2018-11-01 09:30 | 季節 | Comments(0)

酷暑も峠か、思うこと

135.png とてつもなく暑かった8月が過ぎ雨も増えてきて、近づく秋の気配も感じられるようになってきた。
今年の夏は日記も仕事も山も停滞、自粛とやる気の起きない毎日でストレスが溜まり続けてきた。
9月に入り、落ち込んだ気持ちにカツを入れなければと、ブログ更新を始めたものの能力のなく退化してきた頭では何を書いたものかと・・。

☆予定していた本日の山トレは生憎の雨で中止。仕方ないので最近の身近な重大問題に対する私見を書いてお茶濁し。
重大問題とは、
★公聴会の始まった、原発事故から排出されるトリチューム入りの汚染水処理についてである。
専門家の提言によれば掛かる費用の安さから、希釈しての海洋投棄が一番お勧の処理方法とのこと。
国、東電の思惑に沿ったものとしか思えず、その後の風評被害を全く論議してない。
福島県浜通り沿岸の漁業に壊滅的被害を与えた事故から、7年以上かけて取り戻してきた漁業、農業界の労苦を専門家の人達はどれだけ検証したのか?海洋投棄によって更なる風評被害の惹起をどのようにして克服
することができるかの指針と、責任の所在も明確にせずに海洋投棄の方針を打ち出した無責任な説明では問題先送りの、公聴会でしかないと思うのだが。
今もって解決しない、原子力発電所の事故処理に翻弄されている、福島県、全国の人達の立場に立った視点が欠落しているとしか思えない。

☆彡 涼しくなってきたなら、体力回復に向けた山トレ、遠出山行、温泉・グルメなどに精出さなければと思いは募る
怠け者の愚痴なのです。

[PR]
by ask-js | 2018-09-02 08:28 | 季節 | Comments(0)

梅雨の時期にホタルブクロ咲く・父の日

175.png 今朝は梅雨の晴れ間をぬって、早朝の4時半頃二ツ箭山トレーニングへ。
自宅を出る際、右方向から2台の車が走ってきて小生の車と危なく接触するところ
だった。よく見れば、代行車と客の車を送る2台だった。
いわゆる朝帰りの人と偶然の遭遇。
気を取り直し登山口の駐車場へ5時半過ぎに着けば、既に先行車両が1台。
稜線手前で先行者に追付き相前後して女体山頂に、7時頃に到着。
休憩の間、世間話などをして一緒に駐車場まで下山。
下りの途中、道脇に咲く、ホタルブクロや白い紫陽花?(別な花かも)を写真撮影。
ホタルブクロは、紫陽花と共に梅雨の季節にマッチングした花だなぁ~と、久し振りに
汗を流した後の爽快感を味わいながら帰宅した。
b0369813_12390681.jpg
b0369813_12393880.jpg
b0369813_12401042.jpg
104.png この日は、父の日だったらしく、山から戻り一風呂浴びて椅子で微睡んでいると宅配便が来た。
 首都圏で暮す、娘からの恒例の贈り物を受け取る。
 お礼のメールを送り、来年からは無しにしようと提案し了承を得る。
 贈り物は、洒落たシャツで間もなく出掛ける予定の、秘湯巡りに着用するつもり。

[PR]
by ask-js | 2018-06-18 11:39 | 季節 | Comments(0)

梅雨間もなく

176.png 今朝早くに、二ツ箭山にトレーニングへ向かうべく昨夜から準備をしていた。
4時前に外を見れば、なんと小雨がしっかりと降っている。
昔から雨の日の山は敬遠するのが、自分のルールとしているため来週に延期。
その次の週は、週末から青森、秋田への逃避行?計画を予定し宿も予約を入れてある。
仕事からソロソロと離れて生きたい気持ちが勝り始めてきた、後期高齢者である。
十分働いたと勝手に自覚をしているものの、単純な遊びは満足の薄い結果しかないのだと・・・自我流の
理屈である。
北東北の秘湯宿でのガス抜きに期待が高まりつつある、山キチの儚い日常からの逃避行なのだ。

179.png 自宅の庭が一番綺麗な季節が到来。
30株近い露地植えの、サツキが満開となっている。
サツキは雨に弱く、花弁が雨に当たると忽ち腐ったようになってしまう。
左程の手入れもできないままに、花開き終わりまでの1週間位は綺麗さに癒される毎年の出来事。
一言も不満も言わず?人間との付き合いをどう感じているのか・・・多少の身勝手さに気付く恒例の出来事だ。
b0369813_08440204.jpg
b0369813_08433881.jpg
b0369813_08441898.jpg

[PR]
by ask-js | 2018-06-10 09:07 | 季節 | Comments(0)

春の花シリーズ

179.png 今年の桜は咲き出してからはアット言う間に散ってしまった。
ジックリと桜鑑賞ができない儘1年後を待たなければならないのが口惜しい限り。
気持のゆとりが欠けていたのかもしれない。

今朝方、会社へ行く前に庭に咲き出した春の花をカメラに収めた。
落ち着いて観ると,ソコソコに綺麗な花が咲いていて桜見損ないの気持ちが癒される。
姫椿,あけび、佐藤錦の大木?、ムラサキツツジ、水仙、白のドウダン、ハナズオウなど
結構な花の数があったんだなぁ~と、自己満足に浸る。
b0369813_06511828.jpg
b0369813_06522307.jpg
b0369813_06514900.jpg
花に見送られて今日も朝6時半には戦場(会社)へ。
最近は遊びが少なくそろそろ気分転換をしないと、精神飽和状態のぼけ老人になってしまうのではと、
恐怖心に苛まれ始めている。

今月後半か来月には、遠出の温泉とグルメを求めて憂さ晴らしをしようと・・・想うは我一人である。
b0369813_06524915.jpg
b0369813_06531382.jpg
b0369813_06554556.jpg
b0369813_06533609.jpg

[PR]
by ask-js | 2018-04-14 07:16 | 季節 | Comments(0)

春の気配・見事な盆栽

☆自宅の庭の梅が花を付け始めて5日位になる。今年の厳しい寒さも峠を越えたようで、春が確実に近づいてきたことを実感。
 事務所内にも近くのホームセンターから、ゼラニュームを購入し飾りつけ気分一掃を図る。
 気温の上昇と夜明けの速まりがどんどん加速され、仕事、山そして交友等に精を出す季節に向かって体を鍛えたい。
b0369813_15260259.jpg
★昨日はある被災者の方と、何件かの物件をご案内してきた。
 自宅に送り届けてから盆栽に永年精を出して手入れされた、「作品」を見学。
 庭に並べられた全ての盆栽が素人の、小生が観ても素晴らしいものばかりだった。
 写真に収めて持ち帰り、ブログにupした次第。
 小生はまだ現役続行中で、盆栽まで手を出す余裕も無いまま今に至ってきた。
 仕事を辞めてからもまだ山が残るから、自然に生えているものや庭に直植えした植栽で十分なのだと、自身に言い聞かせお客様
 宅を辞してきた。
b0369813_11484492.jpg
b0369813_11490904.jpg
b0369813_11493454.jpg
b0369813_11495830.jpg
b0369813_11505713.jpg
b0369813_11502187.jpg



[PR]
by ask-js | 2018-03-07 15:38 | 季節 | Comments(0)

雪の国宝・白水の阿弥陀堂へ

☆2月に入り特に寒い今冬、毎日の天気予報を観ながら防寒対応に追われている。
天気予報では、いわき地方も雪が降るとのことで今朝4時頃に寝床を抜け出して外を観れば、
弱い雪が舞っていた。庭は薄らと白くなり予報も当たったようで、いつも通り会社へ6時半頃に出勤。
新聞に目を通しているときに,そうだ!ここ何年か雪の阿弥陀堂を撮ってないことに気付く。
自宅に置いてある、大型カメラを家内に届けてもらい他のカメラも抱えて現地へ。
現地には既に数名の写真愛好家の人達が屯し、一仕事終えて談笑している姿も。
早速ポイントを移動しながら写真を撮る。
屋根は白く雪化粧して、辛うじて雪景色の情景写真に収めることができた。
b0369813_10430323.jpg
b0369813_10432900.jpg
b0369813_10434760.jpg
b0369813_10440792.jpg
後1か月過ぎれば、春の気配を自然は忠実に届けてくれる筈。
30分程で現地を後に会社へUターンしてきた。
欲を言えば、もう少し雪が積もればなぁ~と、世間からは疎まれるだろうが、雪深い冬の情景は、いわきでは無理があるのだろう。
今月中旬、山形から福島の高湯温泉へ巡る冬旅に期待を籠めている。


[PR]
by ask-js | 2018-02-02 11:20 | 季節 | Comments(0)