いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

庭掃除と紅葉他
at 2018-12-03 11:35
夏井川渓谷の紅葉・泉崎村のラ..
at 2018-11-27 08:30
二ツ箭山の秋
at 2018-11-19 14:49
生存率0.02%?
at 2018-11-16 08:44
深まる秋・底曳網漁の恩恵
at 2018-11-01 09:30

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

カテゴリ:会社( 2 )

生存率0.02%?

168.png 2日ほど前に入っていた折り込みチラシを見ていたら、非常に興味深い記事を目にした。
その内容は、企業生存率という語彙の解説だった。創業した企業がどのくらい生き残るかという過去の実績数値で示したものである。
企業の創業後5年で80%が姿を消し、10年で96%の企業が姿を消すと言われているとの由。
直ぐには信じ難いデーターで正直吃驚した。更に、30年生き残る企業は0.02%しかないのだそうである。
弊社は、今年2月で創業30年を超えている。
これらの定義からすると、生存率0.02%の仲間入りをしたことになるのではないか?
後ろを振り返ってみれば、零細事業者の過去には様々な浮沈や家庭と連動した苦労と少しの楽しみも混在した。
企業は継続することに大きな意義があることは以前から言われてきている。
生き残ってきた企業には、後継者、事業の承継、廃業などの選択が否応なく待ち構えている。
自分等も同じ環境下に差し掛かり、そろそろと整理の選択肢を進めていなければならないようだ。



[PR]
by ask-js | 2018-11-16 08:44 | 会社 | Comments(0)

日記帳の更新

2006年から続けてきたブログを、本日刷新しました。
今まで約1000件の記事を書き綴ったが、陳腐化が進行してきたための大幅な更新を依頼し、今日が新しいフォームでの書き出しとなった次第。

いわき市の不動産市場も大分沈静化の傾向が観られるものの、一部の人気地区での物件不足はまだ解消されてはいない様子である。
今月からこの新しいフォームで、新鮮な情報発信が・・・とは想うもののアマチュアのやること故、駄文続きとなること明白なためご容赦頂きたく、興味を持たれましたら一読頂ければ幸いです。

[PR]
by ask-js | 2016-06-09 10:50 | 会社 | Comments(0)