いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

二ツ箭山の秋
at 2018-11-19 14:49
生存率0.02%?
at 2018-11-16 08:44
深まる秋・底曳網漁の恩恵
at 2018-11-01 09:30
秋田の夜
at 2018-10-29 07:13
青森・秋田の旅2
at 2018-10-15 07:23

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

カテゴリ:地域の話題( 3 )

カフェレストラン開店、山治療のリハビリへ

★今日、郷ヶ丘二町目大通り沿いにオープンするカフェレストラン、「大百笑」の事前セレモニーに招待を受けて、20日(土)夜にお祝いに。
ここは震災前から約30年、「街路」という喫茶店だったが震災後、原発事故でいわきへ避難してきた被災者の方に、弊社で媒介し買って戴いた物件。
避難者のWさんは、大熊町で農業と兼業で建設業も営んでいたが、いわきへ避難し農業を再開して産直農産物の販売と、収穫した材料を使った、カフェレストランを開店したものである。
お披露目には、大熊町長、議長やM参議院議員、Y県議会議長も遅れてお祝いに駆けつけたようだ。
オーナーのWさんは、いわきの平窪地区に農地を買求めて、キューイフルーツやオリーブの木を植え更にはハウス栽培による野菜を収穫し、大百笑で直接販売をする計画。
ドーム型2階建構造の店内には、暖房用薪ストーブが焚かれ柔らかい雰囲気を醸し出している。
一度訪ねてみては如何かとお奨めします。℡0246-38-8917、URL http://dsibysksho.jp です。
b0369813_08464842.jpg
b0369813_08471169.jpg
☆3ケ月前に膝を骨折し治療の為、3カ月ほど山歩きを中断していた。
此の侭完治する迄には体重も増える為、食事制限をしたりしながらの我慢が続いた。
2週間前の朝6時頃、軽い庭仕事中に変形姿勢をした処、ギックッと腰に来てアァ~やってしまったと。
次の日から整形外科や整体院などを歩いたが、加齢のせいもあるのかまだ腰の違和感が取れないでいた。
以前にも同じような状態のとき、山トレーニングへ出掛けて改善されたことを想い出し、昨日何時もの二ツ箭山へ。
3ケ月のブランクは大きく更に、足腰共まともでない中の登行は可成り厳しかったが、長年積んできたキャリアは○○では無かったかなぁ~と、何とか核心部を登り終えそれ以上の無理はしないで下山してきた。車へ戻れば、下汗掻いて何時もの爽快感に今迄のモヤモヤが解消される結果となり、満足して帰宅。
一風呂浴びてノンアルコールで喉を潤し心地よい睡魔に襲われて仮眠した。
明日からはまた頑張る気力がすこしづつ戻って来た感じである。
b0369813_08472501.jpg



[PR]
by ask-js | 2018-01-22 09:37 | 地域の話題 | Comments(0)

護岸防災工事・二ツ箭山の花

★最近仕事上で頻繁に、新舞子浜の海岸道路を走ることが続いている。
目的地周辺で進む津波防災用護岸工事の規模の大きさに、震災前の状況に比較すると半素人の小生にすれば、ここまでやるの?という違和感すら感じてしまう。震災に名を借りた?国土強靭化工事の一現象とも思えるほどとの素人観だが・・・。
国の財政がひっ迫していく中での膨大な税金投入の是非と、防災工事の規模の見極めはどのようにして決められたのかは一般市民には全く分からない。完成すれば、人工の景観が昔の姿をすっかり変えてしまう無機質な風景にとって変わってしまうのは止むを得ないことなのかなぁ~と、一抹の喪失感を感じる風景が造られていく。
b0369813_08220103.jpg
b0369813_08225491.jpg
b0369813_08223197.jpg
☆暫く間の空いていた、二ツ箭トレーニングへ昨日の朝5時半から単独で駐車場を後にした。体力の鈍りは顕著に表れ足の退化は正直で、時折ヨロヨロする場面も。ここ3ヶ月間に仕事や身辺に起きた様々な出来事に追われて、山への足が遠のいたのが最大要因と分析。
通いなれた山道を休みなく我慢の登高を続け、山頂で確り汗かいた体に持参の氷水を流し込み一休みして山頂を後にした。
下山途中の道脇に、二ツ箭山で初めての白いドウダン?の花に遭遇した。日陰道の中に、真っ白く清らかな花を写真に収め暫く振りのトレーニングに満足して帰宅。
山の汗を風呂で流して、庭の草むしりをしている処へ宅急便が止まった。
毎年父の日に届く娘からのプレゼントだった。今年は、登山帽と、ポシェット、山用靴下の3点セットで有難く拝受し感謝のメールを送った。
b0369813_03095509.jpg
b0369813_03102663.jpg

[PR]
by ask-js | 2017-06-19 08:25 | 地域の話題 | Comments(0)

慈雨

☔ 梅雨とは名ばかりの、いわき地方の今年の気象状況は、カラカラの乾燥状況が続いてきた。
昨日の予報も少雨だったが、お湿りはほとんどなかった。今朝何時ものように3時前に目覚め、外に出て見ればまだ雨が来ない。
会社へ出て、今日引き渡しの中古住宅に係る関係書類を再確認したりしていると、表はしょぼしょぼと降る待望の慈の雨が落ちていた。自宅の庭木も相当ヘバッテいるのを見てきて、毎日気掛かりな日が続いたがこの慈雨でいくらか救われるのかも。
豪雨の続いた、九州地方の一部でも回して呉れないかと些か不謹慎な想いも。

仕事も、今日、明日と引き渡しがあり9月までの目途はたっているもののその先は不透明だ。
それでも小生らの本業である、「宅地建物取引業」以外?とシェフの言う、田んぼや山林の取り纏め依頼が買主、売主双方からの依頼を受けてしまい、媒介に入ることなく契約書のみお手伝いし、売主、買主直接取引をお勧めして、アウトサイダーとして間違いないようなフォローだけはと、半ばボランティア精神でことを進めている処である。

暑い夏が来ればそれらも忘れて、体力に合った山と温泉への息抜きも秘かに狙っているのだが。

[PR]
by ask-js | 2016-07-27 08:58 | 地域の話題 | Comments(0)