いわき市の不動産屋の社長が、つづります。


by ask-js

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家庭
地域の話題
会社
仕事
山歩き
交遊
旅・旅行
グルメ
政治
季節

温泉
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

二ツ箭山の秋
at 2018-11-19 14:49
生存率0.02%?
at 2018-11-16 08:44
深まる秋・底曳網漁の恩恵
at 2018-11-01 09:30
秋田の夜
at 2018-10-29 07:13
青森・秋田の旅2
at 2018-10-15 07:23

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
東北

画像一覧

初秋の高畠・米沢へ味覚徘徊

夫々の実家と昨年急逝した次兄の墓参りを済ませ、連休最終日の24日に300年超続く米沢の蕎麦の老舗、寿ゞ喜家へ。
東北縦貫道経由で高畠町の、まほろば観光葡萄園で食用葡萄を2種類仕入れ更に開店間もない、道の駅米沢に立寄り、子茄子漬ほか等を求めて時間調整をする。
b0369813_10190066.jpg
b0369813_10193319.jpg
東北道の、大笹生JCから米沢までの新線は13号経由と比べて大幅に時間短縮になり、今までとの時間短縮を実感しながら走った。
時間調整もソコソコにし早目に、寿ゞ喜家へ行くと午前11時開店の30分前から暖簾が掛り営業しているので早速入店。
自分は、ミニうな丼付き蕎麦を他は、天婦羅付きウコギ蕎麦を注文。20分位で運ばれてきたそれらは美味しそうで早速かぶりつく。値段は何れも1500円也。
b0369813_10202959.jpg
b0369813_10221995.jpg
蕎麦は細く喉ごしよく、ミニうな丼も期待以上の美味しさだった。ウコギは上杉公が推奨して屋敷の生垣に植えて新芽を積んで蕎麦に混ぜて食べてきた歴史の産物らしいとの由。
年に何度も蕎麦を食べに、村山のあらきや大石田等を食べ歩いていると、太麺の蕎麦は噛み応えと蕎麦の香り・味が自分には合っているようだ。
主目的を終えて、帰りは北道を一気に走り抜け自宅へ帰ってきた。

b0369813_10205204.jpg

b0369813_10214920.jpg
さて、10月中旬には秋田の紅葉と食、酒の便りが届けられるよう予約を済ませてある、遊び人なのです。

[PR]
by ask-js | 2018-10-02 12:22 | グルメ | Comments(0)